サラリーマンの虚勢

【人生は】

 

これで良かったのかもしれないし

もしかしたらこれでは駄目だったのかもしれない

 

もしかしたらこれで精一杯だったのかもしれないし

いやいやまだまだ行けたのかもしれない

 

もっともっとうまくやれたのかもしれないし

もうこれ以上は所詮無理だったのかもしれない

 

人生は分からない

誰にも分らない

自分にも分からない

 

もしかしたらどこかに雲隠れしてしまったかもしれないし

いやいや精一杯虚勢を張ってこの場所に立っているのかもしれない

 

身を隠してしまうのか

それとも我慢して顔を晒して生き続けるのか

 

そんな風に

いったいどんな風に

生きて行くのか

 

すべてはお前の生き様で

すべてはお前の人生だから

出会いがあって

お前さえ遠ざからなければ

すべてはお前の目の前に雁首並べて揃っているのだから

それだけが髄一の人生での救いかもしれない

 

いつまでも いつまでも

お前さえ手を離さなければ

繋がっていられるのだから

 

人生は

無理をして、近づいて行けば、逃げていく

意識して、忘れようとすれば、追ってくる

そして、怖くなり、逃げ出そうとすれば、覆いかぶさってくる

人生はそのようなもの

 

もしかしたら結果には形などないのかもしれない

勝利にも形などないのかもしれない

 

敗者にも理由などなくて

勝者には美酒もない

 

もしかしたら私たちは、形のない空間の中を

形など本当はありもしないものを追いかけて

虚しく人生を擦り減らしているだけなのか

 

空虚の中で無を追いかけては

右にふらふら、左にふらふらしているだけ

存在するのは

誰かに愛されているという実感だけ

あるのは

誰かに頼られ愛されているという実感だけが

髄一の真実だとしたら

 

心の拠りどころは

誰かに頼られ愛されているという実感だけ

 

当たり前のことを当たり前にやっていれば

人生は

当たり前のように当たり前に過ぎていく

そして当たり前に終わってしまう

 

そんなものに形などないし

結果や勝利などもない

 

歩きたいときには両足を交互に動かすだけ

その他のことは何一つ考える必要もないのだから

 

暖かな布団で眠りたいのならば

暖かな布団を買わなければならないし

布団を買うために働かなくてはならない

 

見晴らしのいい高台の家に住みたければ

尚更一生懸命に働かなくてはならない

 

誰かに頼られ愛されたいと思ったならば

どんなに苦しくとも歯を食いしばって

愛する者の手を絶対に離してはいけないのだ

その手を離したとたんに

人生はますます空虚になって

そのうちに消えてなくなってしまうから

人生には初めから形などないのだ

 

人生とは それだけのもの

人の弱さとは

誰かに頼りたくなってしまう弱さだから

いつかそのうち白馬の王子が現れて私をこの世界から連れ出してくれると

考えてしまう

 

人生に形がないように

白馬の王子など空虚そのものなのだ

人生に白馬の王子など現れずとも

自分が誰かの白馬の王子になることは出来るのかもしれない

 

いくら会社を大きくして巨万の富を得ようとも

いくら粉骨割いて働いて出世し引退しようとも

そんなものは狭い世界だけでの話だ

砂上の城だ、虚栄の無だ

 

誰かの白馬の王子になれるのか

たった一人の人間の魂を救うことが出来るのか

生きる価値はそこにあるのだから

 

「ああ、早く、助けに来てくれ」と

今日も誰かが叫んでいるのだから

 

その為にはまず虚念を捨てて両足を交互に動かさなければならない

 

人生は

虚であり

空であり

無だ

 

誰もが血眼になって

形のないものを追いかけているに過ぎないのだから

誰もがそのうち死んでしまい

骨になって土に帰る

 

この世に移る、この両目でみえるものすべて

形などない

あるのは魂だけ

魂だけが、人の体を借りて

動いているだけ

 

このお墓は素晴らしい……

http://iganosato.com/

コメント・トラックバック (0)

一生懸命に生きて

ただ一生懸命に生きて

ただ今日一日精一杯に生きて

今日を失敗しなければ明日もきっと上手くいく

何も思いわずらわずに

一日一日前に進むだけ

きっとそのうち上手くいくから

心の弱さを打ち消して

いや弱ささえ意識せずに

信じた道を疑うこともせずに歩むだけ

 

小細工無しで

策に溺れず

まっとうに一直線に

心に筋を一本通したならば

生き方に筋を一本通したならば

その筋をなぞりながら生きるだけ

 

もう何も考えない

思案しない

悩みもしない

思い煩わず

 

心の中の曲がったものを取り除いて

心の塵を落としたならば

心の曇りをすべて消し去った

右から左と流れてく

夢なのか幻なのか

悲しみなのか苦しさなのか

涙か慟哭か

心の叫びか

心のあがきか

寂しさも消し去った

心そのものを消し去った

 

もうわたしには何もない

守るべきものも捨て去るべきものも

何一つ残されてはいない

それでいい

人生はすべて消し去り裸になることだから

それでいい

男とはすべて失くしてもシャキッと立っていられるものだから

 

いつまでもどこまでも

こうやって

ここに座ってこうやって

一心に祈り捧げるものだから

 

男の仕事とは祈りのようなもの

まっさらな心に線を退く

どこまでも真っ直ぐな一本の線を

ただひたすら引いていく

 

もういいじゃない

そんなこと

どうでもいいじゃないの

いつかの祈りも通じずに

スターダストのごとく葬るだけ

人は誰もが最後にはスターダストのごとく葬去られるだけだから

涙にぬれて、涙も枯れて

寂しいものだから

 

素晴らしいお墓……

http://www.iganosato.com/

コメント・トラックバック (0)

黄昏の詩 3

もう誰も泣かなくていい

手を取り合って生きていければ

それだけでもう十分じゃない

胸を打つのは、一生懸命生きている姿だけだから

 

胸を打つのは金じゃない

あなたの真摯な姿

それだけがわたしの心をつかんで離さない

損だとか得だとかが、ちょっとでも顔をのぞかせたとたんに

ふたりの関係は冷めてしまうから

 

一から十まで一生懸命にやればいい

少しでも手を抜くと、ばれてしまうから

愛することは、真剣勝負でなければ続かない

ばれてしまう、誤魔化しや偽りは

 

今日も朝日は昇るけど

ふたりの愛は変わらない

優しさに包まれて

生きて行く

いつしか涙もこぼれ落ち

君の頬をつたうけど

いつかの夢も遥か彼方に消え去った

 

暖かな陽の光と、暗くて冷たい陰の部分

どうせなら暖かなお日様の光で包みたい

もう何もしないしどこへも行かない

ただ祈るだけ

オーマイゴット

「すべての人々に光をお与えください」

 

何も出来ずに、何も知らずに生きてきた

昨日はなんと無知だったのか

今日は少し学んだかもしれなくて

明日は少し偉くなる

オーマイゴット

「すべての人々に知恵と勇気をお与えください」

 

何も知らずに死んでいく

何も出来ずに死んでいく

隣の友とだけ仲良くやって

その隣の友とは知らん顔

それでいいのかわからない

誰だって幸せな気持ちにしてくれる

そんな人間が好きなのさ

その人が何を望んでいるのか

理解することだ

そうすればきっと愛してもらえる

コメント・トラックバック (0)

黄昏の詩 2

≪優しさに包まれた夜≫

 

優しさに包まれた夜も一夜限り

心から満たされた夜もそう幾度も続きはしなかった

すぐに苦しく辛い日々が始まった

そしてまた遠く先の夜にきっとまた満たされるのかもしれない

その日を夢見て生きていくしかないのだろう

 

どんなに愛した夜もまたいつの日か必ず

すれ違いの夜が来る

人生は切ない涙の繰り返し

冒険するのを怖がって

いつもビクビク生きるのか

それとも太く短く生きたいと

大きく咲いてパッと散ってしまうのか

 

切ない心は酒で流してしまうのが一番いい

寂しい夜は悲しい歌でも聞いて忘れてしまうのが一番いい

コメント・トラックバック (0)

黄昏の詩1

優しさに包まれた

昨日のこと

限りなく暖かな愛に抱きしめられた

ギュッと強く

もっと近くで囁いて欲しいから

 

幸せだったのかもしれない

今よりもずっと

気づかずにこんなに近くにあった愛にさえ

通り過ぎてった

秋に吹く風のように

 

もう取り戻せないほど

遠くの空まで離れてしまった君だけど

心は一つに繋がっていると

間違っていたのは俺の方

いくら謝っても

海の向こうでむなしく響くだけだから

 

何を望んでいるのか

生きていればいつか何かにぶち当たる

心でブレーキをかけてしまう

前に進もうとする足を止めてしまうから

何を望んでいるのか

これ以上のもの

そんなものあるのか

今のままの自分をただ守ろうとしているだけなのか

それとも怖がる自分にムチ打って

もっともっと前に踏み出そうとしているのか

 

明日は少し違う色をしている

きっと明日はもう少し赤く染まって

きれいな世界を見せてくれるはず

それとも少しつまずいて薄暗く

どんより曇ってしまうのか

 

お前は今日からいったい誰の声に耳を傾けるつもりなの

どんな顔してどんな声を出してどんな言葉を伝えていくの

ただ自分の心の声だけに耳を澄まして

一生懸命聞こうとしているだけだから

その他の忠告してくれる声はみな雑音だから

耳を塞いで

孤独な心に打ち勝って

ちょっとでも違う世界を見て見たいから

 

何のために生きるのか

今よりも少し前に進むために生きる

今の幸せを維持するために生きる

今日が終われば明日が来るからただ生きる

死ぬのが怖いから生きる

生きているから仕方なく生きる

生きているだけでもうけものだから生きる

 

いつかは死ぬのだから今は生きる

どうせ生きるのだったら生きたいように生きる

生きているからやれることがあるからそれをやるため生きる

自分の生き方は自分で決める

自分の人生は自分で決める

誰にも邪魔をされたくないから一生懸命生きる

愛する人が近くにいるから生きる

 

コメント・トラックバック (0)
ページトップへ戻る